Mac OS X+MacAmp Lite X
2005/03/02

...放送方法案内へ

注意書き

準備

手順

0.Download/Install/レジスト ...コードが書いてあるので実質的にはフリーウェア
1.内臓マイクの状態設定 ...※システム環境設定で「入力」タブがあるのは、v10.2以降です
2.MacAmpの起動/Pluginsの表示 ...使用するサーバの選択/番組名/音質/関連URLなどの項目設定
3.マイクテスト ...マイクが音を拾っているか設定/確認
4.Playlistの作成/読み込み ...放送曲順を決定
いざ放送! ...サーバに接続して放送開始


0. Download/Install/レジスト

(1) 下記URLから移動してMacAmp Lite Xをダウンロードしてきましょう。
http://www.bigblueamoeba.com/~pxr/pub/

(2) 下部画像にあるウィンドウが表示されたら、Applicationsフォルダにドラッグ/ドロップしましょう。

(3) MacAmp Lite Xを起動し、表示されるウィンドウの [ Register ]をクリックしましょう。

ダウンロードサイトに既にコードが書かれています。
上記のように入力するのも良いでしょう。

...手順一覧へ


1. マイクの状態設定
※[システム環境設定]-[サウンド]で、[入力]が表示されるのは、Mac OS X v10.2以降です。



(1) [システム環境設定]の[サウンド]を選択して、[入力]を選びましょう。
(2) [サウンドを入力する装置の選択]で、「Internal Microphone」を選択しましょう。
(3) 実際に話してみて、「入力レベル」のゲージの動きを確かめましょう。
何も話さなくてもゲージがふれている場合は、ファンの音を拾っているので、「入力レベル」を落としましょう。

※上記入力レベルは一例です。ご自身の環境に合わせて入力レベルを決定して下さい。
※マイク付きヘッドフォンを使用されている場合には、[サウンドを入力する装置の選択]で該当のものを選択しましょう。

...手順一覧へ


2. MacAmpの起動/Pluginsの表示

(1) 左隅の三角をクリックしてメニューを出します。
(2)「Windows」の「Show Plugins」を選択しましょう。
(3) 「Plug-Ins」のWindowが表示されたら、「Broadcast」(Output Plugins)を選択しましょう。

上のようなウィンドウが表示されます。「Edit...」をクリックして、「放送名」など必要な項目を打ち込みましょう。


Encorder-Settingsは、24Kbps-22KHz-monoを選択しましょう(推奨)。
DJ自身の通信環境やリスナさんの通信環境、サーバへの負荷を考えると、推奨値での放送が妥当です。

※注意

MacAmp Lite Xの場合、Mount Pointを自由に指定できません。
そのためサーバ側の設定によっては放送できません。ご了承下さい。
※重要※Nicecastでの放送では、Mount Pointを指定することができます。

...手順一覧へ


3. マイクテスト

「Voiceover」をクリックしてチェックを入れると、上のような画面になります。

(a) 音声のみで放送する場合は、CrossfadeのゲージをFull voiceにしましょう。
(b) playlistに入れている曲(音)を放送する場合には、Full sourceにしましょう。
なお、曲をバックに流しながら音声を入れる場合は、ゲージを
Full Voiceから数えて2〜3つ目の目盛りくらいにしましょう。

※注意

Ducking thresholdは、0dB(off)にしましょう。
-30dBに近付けると、放送している音がループしてしまいます。

...手順一覧へ


4. Playlistの作成/読み込み

放送のバックで流す曲をPlaylistに入れて、新しいPlaylistを作ります。
(既存のPlaylistがある場合は、読み込みましょう)

(1) Playlistにある「Add Files」をクリックし、バックで流したい曲を選択します。

(2) 選択したら「Open」をクリックして、Playlistにファイルを追加して下さい。
(3) MacAmp Lite X左端にある▼をクリックして、「Repeat」にチェックを入れましょう。

※注意

※何故Playlistを作って曲を流し続けなければならないか

 MacAmp Lite Xでは、Playlistに入れたファイルをバックで流し続けなければ、マイク音声を放送できない。
 そのため、Playlistを作成しRepeatさせ続ける必要が出てくる。
 この状態で「Voiceover」のプラグインを「Full voice」にすると、マイク音声のみでの放送が可能になる。
 (詳しくは、4.参照)

...手順一覧へ


■いざ放送!

(その前に)

 自分の放送を聴く場合はヘッドフォンを接続して下さい(ループバックして聴こえます)。
 VoiceOverが有効かどうか確認する為に、不慣れなうちは接続しておいて出力音声をチェック後、
 ヘッドフォンを耳から外して放送する方法をお勧めします。

 ※特に聴かない場合は、「Mute Output Sound」にチェックを入れて下さい。
 (内蔵スピーカから出力された音を内蔵マイクが拾ってしまい、変なエコーがかかった放送になってしまいます)

(1) 「Broadcast」にチェックを入れて下さい。「On Air」に変わります。
(2) MacAmpの再生/一時停止ボタンをクリックして下さい。

...手順一覧へ

Special Thanks to :


...放送方法案内へ